いとしま電力の目指す姿

いとしま電力の目指す姿

住民参加型の電力会社を目指して!

電力事業に透明性を!

いとしま電力は地域に住民の地域住民のための電力会社です。そのために、できる限りの情報開示を行い、透明性の高い経営をしていきます。また、定期的に意見交換会を開催し、地域のお客様の声を反映した事業を推進していきます。住民の皆様と距離が近いことがいとしま電力の大きな魅力だと思います。電力事業を通じて糸島から良い社会の構築に励んでいきます!

3つのビジョン

電力×子供たち

子どもたちの未来に、より安全安心できる社会を作ること。再エネの一層の普及と、分散型エネルギーにより持続可能で災害や非常時にも強い街づくりを目指します。

電力×自然

自然環境を守ること。事業活動を通じて、気候変動などの環境問題解決に貢献し、糸島の豊かさの源泉である自然を守り育む取り組みを行います。

電力×地域活性化

電気の地産地消を進めること。現在地域外に流出しているお金を地域で経済循環させます。また、電力事業を通して、地域での雇用を増やします。

事業目標

2020年〜 (第1フェーズ)

小売事業のメイン事業とし、地域の方でいとしま電力の契約者を増やすことを目指します。また、地域住民の方々のための新規プロジェクトの立ち上げや、小売事業での収益を地域での社会活動団体への寄付などを通して還元をしていきます。
さらに、地域での再エネ普及を目指します。自然災害などで停電が起こった時でも電気が使える強い街づくりをしていくために、屋根上の太陽光発電や蓄電池の設置などを通して、どんな時でも電気を使うことができる場所を増やします。

2025年〜 (第2フェーズ)

再生可能エネルギーの発電所を地域で増やしていきます。その過程で地域住民の方々から発電所建設のための出資を募り、発電所を建設します。もちろん再エネ発電所のための大規模な環境破壊があってはいけません。地域の電力会社であるいと電だからこそ、地域の皆さまが納得する形で建設することを約束します。
そして、その発電所の利益は出資をしていただいた地域の個人や企業に還元され、電気料金を通した地域経済循環をさらに促進し、住民の方々がより幸せに暮らせる地域を構築できます。

2040年〜 (第3フェーズ)

糸島の電力需要を、地産地消と再生可能エネルギー100%で供給することを目指します。そして現在使用している電力がどこの発電所どのように作られたものかという見える化することで、お客様の選択肢を増やします。また、防災としての電力システムを構築し、災害時にも電力を使用することができる安全安心な状態を目指します。電力の地産地消を進めることで糸島の経済循環が促進し、より豊かな生活を提供します。さらには、この糸島でのモデルを他のまちにも応用していくことで、日本中で豊かな地域づくりに貢献します。

わたしたちの約束


電力事業は公益事業。事業で得た収益を、「地域や子供たちの未来に還元」します。

地域の人たちが、「じぶんたちの電力会社だ」と実感するような電力会社になります

糸島に住み、働く人たちが、糸島の再生可能エネルギーで作られた電気を使って暮らし、電気もお金も地域で循環する。

それによって日本で一番、子どもたちからお年寄りまでが安全で安心できる豊かな街になる。

それは日本とアジアにおける素晴らしいモデルの一つとなり、その在り方を広め、より多くの人を豊かに幸せにする。

それが いとしま電力の事業目的です。

PAGE TOP